地域包括ケアシステムの推進と、人材の育成を

とやま総合診療 イノベーションセンター
センター長 (総合診療部教授)
山城 清二 Seiji Yamashiro

 平成25年度(2013年)に採択された未来医療研究人材養成拠点形成事業は平成30年3月に文科省の助成は終了しました。しかし、この5年間取り組んだ事業は規模を縮小しつつも継続していくことになりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

下記の記載は採択時(平成25年)の状況です。記録として残しておきたいと思います。

 この度、富山大学は文部科学省の未来医療研究人材養成拠点形成事業(リサーチマインドを持った総合診療医の養成:平成25年度)で「地域包括ケアのためのアカデミックGP養成」事業が採択されました。この事業は次のような背景から誕生しました。

【1】 富山大学総合診療部は平成16年3月に設置されてから10年目を迎え、徐々に若い医師が集まり、診療体制も整い、最近では家庭医療や総合内科の専門医の資格を取得できる体制が整ってきました。そして、さらなるキャリアアップのために、アドバンスコース(フェローシップコース)を準備しなければならない時期を迎えていました。

【2】 この間、平成20年から富山県で最も深刻な地域医療崩壊が起こった南砺市の地域医療の支援にも関わってきました。初めは総合診療医の派遣、そして診療所での人材育成、次に住民参加型システムを採用して地域医療再生に取り組んできました。この取り組みは5年目を迎えやっと医療崩壊からの再生の兆しが見えてきました。この「南砺市モデル」は県内外から注目され、最近では他の地域へ応用してほしいという要請が起こってきました。

【3】 そして、昨今地域で求められている地域包括ケアの構築では、高齢者医療や医療システムの複雑な状況の中で地域のニーズの把握とともに多職種での連携が重要になってきています。カナダのトロント大学では、数年前から患者や医療システムの複雑性に対してCentre for Innovation in Complex Care (CICC)というイノベーションセンターを立ち上げて、総合診療領域での課題解決に取り組んできています。今回、そのCICCと連携しながら学術交流が可能になりました。

 このような背景の中で、文部科学省に本事業が採択されたことは正に時宣を得たものであると思われます。今後、本事業では上記の3つの背景から次のような取り組みを実施していく予定です。

【1】人材育成:学生から初期研修医、後期研修医、そして総合診療医のキャリアパスの提示

【2】地域包括ケアへの取り組み:住民参加型システムとして南砺市モデルから富山市へ、そして富山県全体への展開

【3】研究の拠点:地域包括ケアシステムの推進と総合診療医の人材育成の核となる、とやま総合診療イノベーションセンターの設置と運営

 その他、既存のシミュレーターや新規のシミュレーターを整理したシミュレーションセンターの設置、大学と地域病院で連携したテレビカンファレンスの実施など。

 本事業で、地域医療の課題にチャレンジするアガデミックGPを養成し、富山県内の地域医療に少しでも貢献できるように取り組んでいくつもりです。今後とも皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。